事故歴や修復歴がある

事故歴や修復歴があると安くなる

中古車は新車と比較をすれば何かしら劣化をしている部分があるものですが、その中でも価格の影響が大きいものとして、事故歴や修復歴があります。車は非常に精密に作られている製品であるため、事故を起こして大掛かりな修復をした場合には後々に悪影響が出てくる可能性も否めません。そのため、事故歴や修復歴がある車というのは走行距離や年式以上に価格に影響をしてきます。年式や走行距離の割に安い中古車があったというときには、事故車であったり大きな修復歴がないかをチェックしておくようにしましょう。値段だけ見て安いと思って飛びついてしまうと、後々余計な修理にお金がかかって結果的に高くなってしまうこともあるので注意が必要です。

事故歴や修復歴があることが必ず悪いわけではない

事故歴や修復歴がある車はそれだけで価格が安くなる傾向にありますが、だからと言ってこれらの車が必ずしも状態の悪い車とは限りません。修復の程度が軽度のものであったり、しっかり修理がされているものであれば安くなっている分、お買い得の車も存在するためです。しかし、そのように言ってもこれはあくまでも車の良し悪しをはっきり見極めることができる目利きがある前提の話であり、素人が安易に判断をするのは危険です。
事故歴や修復歴があるから必ず避けなければならないということはないにしても、状態をしっかり判断する目を持っていないのであれば、避けたほうが無難です。事故歴や修復歴有りの中古車を選ぶのは良くも悪くも上級者向けとなります。