人気があまりない車種だから

車種の人気によって価格は変わる

中古車の価格というのは、車の状態だけでなく車種の人気による影響も大きなものがあります。人気があって売れている車種は年式や走行距離が多くてもそれなりの値段になりますが、逆に人気のない車種というのは年式や走行距離が少なくても安値で売られていることも珍しくありません。需要があれば売り手も強気に出ますし、逆に需要がない車は高い値段をつけては余計に売れなくなってしまいますから、価格は安くなるということです。

人気によって価格が変わるため新車価格では高かった車種が中古車市場では、新車価格が安かった車よりも安く買えるといったこともあります。車にこだわりがない人であれば車種の人気を気にすることはないでしょうが、価格に影響する部分だけに知っておいて損はありません。

こだわりがなければお買い得

ただ人気がなくて価格が安い車というのは、こだわりがないのであればお買い得なケースが多くあります。競合車と比較をしてスペックが大きく見劣りするわけでもないのに、人気がないという理由だけで安くなっているのであれば、価格を重視するなら不人気車を選ぶのは悪くない選択と言えるでしょう。注意しておきたいポイントは、不人気の理由が競合車と比較をして明らかに性能で劣っていたり、固有の問題を抱えているケースです。 単純に車の評価が低くて安くなっている場合は、あくまでも価格なりでしかありませんから、お買い得ということにはなりません。しかし、不人気の理由が「デザインが一般受けしなかった」など、車そのものの性能と関係ない部分であれば、お買い得だと言えるでしょう。