オプション品が必要以上に取り付けられている

走行中に音が気になったり運転の邪魔になったりすることもある

中古車を選ぶ時には、オプション品が必要以上に取り付けられていないか確認をしたうえで購入手続きを取るのがポイントです。例えば、ハンドルやブレーキ、アクセルレバーなどの周りに装飾品が付いている車については、走行中に音が気になったり、運転の妨げになったりするリスクがあるためなるべく避けることが大切です。また、カーナビやドライブレコーダーといった基本的な製品が付いている車を探すうえで、それぞれの製品の使い勝手の良さや耐用年数などの大事な点を押さえておくのがおすすめです。なお、中古車販売店で車を購入するにあたっては、車内のオプション品の必要性や、将来のリスクについて担当者にきちんと説明を受けることが肝心です。

こだわりが無い人は何もオプション品が付いていない車がおすすめ

車内のインテリアにこだわりが無い人は、何もオプション品が付いていない中古車に目を向けるのがおすすめです。中古車販売店によっては、購入後のトラブルを回避するために、初めからオプション品を全て取り外した状態で展示販売をしているところもあります。そのため、中古車を購入した後に自分にとって必要なオプション品を選びたい人は、じっくりとニーズに合う車を扱っている販売店に足を運ぶと良いでしょう。また、最新型のカーナビなど便利なオプション品が付いている中古車については、車種や在庫状況によりますが高値で販売が行われることもあります。そうした中、オプション品の必要性について悩んでいることがあれば、ベテランのスタッフがいる店舗を訪れることが重要です。